大阪府箕面市桜ヶ丘3丁目9-19 桜ヶ丘クリニックビル2階

072-722-1717

WEB予約
MENU

一般眼科|大阪府箕面市桜ヶ丘のこじま眼科・日帰り白内障手術

一般眼科

Medical

一般眼科

目の疾患に対して、診療・診察を行っております

目の疾患に対して、診療・診察を行っております。
目に関わるどんな些細な事でもご相談ください。

こんな症状ありませんか?

  • 近視
  • 遠視
  • 乱視
  • 老眼
  • ドライアイ
  • 眼精疲労や視力の低下
  • かすみ目
  • 充血
  • 目のかゆみ
  • 涙目
  • 花粉症
  • 飛蚊症
  • ものもらい

眼精疲労

眼精疲労

「目が疲れる」「目が痛い」など、誰でも日常に起こることです。
医学的にはこのような状態を「眼精疲労」と呼んで、単なる目の疲れである「眼疲労」と区別しています。
眼精疲労は、環境の変化や改善がなければ自然には治りません。
症状が続き、さらに状態を悪化させることもあります。
また、体の不調に繋がることもあります。
「ただの疲れ目」と考えず、早く診察を受けることをおすすめします。

原因

  1. デスクワーク

    パソコンや携帯電話の画面を長時間見続ける、手元で細かい作業を行っているなど、目のピント調節を行っている毛様体筋が疲弊し、目に疲れが出ます。

  2. メガネやコンタクトレンズ

    自分に合ってないメガネやコンタクトレンズをしていると、毛様体筋が無理にピントを合わせようとするため、目に疲れが出やすくなります。

  3. 老眼

    目線を近くから遠くに移すとぼやけて見えるという症状が出始めたら、老眼の可能性があります。個人差はありますが、40歳前後から始まる目の老化です。
    老眼が始まると、ピントを合わせようとする力が衰え、小さな文字を長時間読むなど、目が疲れやすくなります。

  4. 自律神経の乱れによる血流の悪化

    ストレスや睡眠不足などで自律神経が乱れると、目の筋肉が緊張する、涙の分泌量が減るなどの症状を起こすことがあります。その結果、目の血流が悪化したり、目も乾きやすくなったり、疲れ目を招くことになります。

疲れ目をともなう疾患

  1. ドライアイ

    目を酷使したり、乾燥した室内に長時間いることで、目の表面を潤している涙が蒸発したり、分泌量が減って角膜が乾燥したりします。
    その結果、角膜に供給される酸素や栄養素が不足し、目の疲れ、かゆみ、ゴロゴロとした異物感、充血といったトラブルを引き起こします。

  2. 白内障

    加齢などが原因で、レンズの役割をする水晶体が濁ってしまう病気です。
    水晶体は濁ると元に戻りません。進行するにしたがって、老眼鏡をかけても細かい文字が読めなくなり、霧がかかったように視界が暗くかすみ、ぼやけて二重三重に見えたり、光がまぶしかったりなどの症状があらわれます。
    白内障は初期症状がない場合が多く、患者さん自身も自覚してない場合もあります。
    白内障は日帰り手術が可能です。
    老化だと判断せずに受診しましょう。

  3. 緑内障

    眼圧が上昇して目の神経に障害が起きるのが緑内障です。
    しかし、最近では眼圧に異常が見当たらない正常眼圧緑内障も増えています。視野の一部が欠けたり、光の周りに虹が見えたりする視界の異常のほか、疲れ目や強い目の痛み、頭痛や吐き気などの症状が出ます。
    ただし、自覚症状がない場合も多くあります。

老眼

原因

老眼

加齢にともなう水晶体と目の筋肉の衰えが原因です。
目は、近くの物を見るときはレンズの役割を果たす水晶体を厚くし、遠くの物を見るときは薄くするというピント調節機能が備わっています。
しかし、40歳頃から水晶体の弾力が低下し、水晶体を支える筋肉である毛様体筋も衰え、水晶体の伸縮がスムーズにできなくなっていきます。
そのため、近くの物がぼやけて見えるようになります。

症状

近くの文字や絵がぼやけて見えにくくなります。
個人差はありますが、40歳前後から老眼が始まり、近くの物がぼやけたり滲むようになります。
老眼が始まると65歳くらいまで症状が進行し、その後は緩やかになります。 本や新聞を目から30cm以上離さないと読みにくく感じたら、老眼が始まっている証拠です。
目が無理にピントを調節しようとするために目が疲れやすくなり、暗い所ではより見えにくく、肩こりや頭痛を引き起こすこともあります。
老眼鏡をかけると老眼が進むという人がいますが、これは間違いです。
むしろ、近くが見えにくいままの状態で生活していると、知らず知らずのうちに目が疲れ、様々な疾患を引き起こすことがあります。
白内障や緑内障など身近な目の疾患をチェックするために、まず眼科を受診し、その処方箋を持って眼鏡店に行くことをおすすめします。

眼科健康診断

眼科健康診断

健康診断を受けた際に「緑内障の疑い」や「眼底に異常」といわれたことはありませんか?
全てに緊急性があるわけではありませんが、糖尿病の方や糖尿病が一緒に見つかった場合は別です。早めの受診をおすすめします。
その他、緑内障、網膜の病気(黄斑変性など)もありますので一度受診した方が安心です。

ドライアイ

ドライアイ

最近、パソコンやスマートフォンなどの普及により目を酷使して、目が疲れやすい、あるいは何となく目に不快を感じるという人が増えています。目に不快感があると仕事のみならず、日常生活でも大きな不便を感じたり、肩こり、頭痛、吐き気などの症状を招いたりすることがあります。こういった症状の原因の一つとしてドライアイがあります。
ドライアイとは、涙の質が少なくなったり、量は十分でも涙の質が低下したりすることにより、眼球の表面を潤す力が低下した状態です。そのため眼の表面に傷がつくことや、目に入ってきた細菌や花粉などの異物を涙ですぐに洗い流すことができなくなり、感染症やアレルギーなどの炎症が起こりやすくなります。
目が重い、目やにが出る、目がゴロゴロするなどのちょっとした不快感があればお気軽にご相談ください。